メンタルな病の特徴とその治療薬について

現在の日本ではメンタルな病を患っている人がおりますが、厚生労働省が平成23年に発表したデーターによれば、その患者数は320万人を超えた事が判りました。
原因は仕事での責任やノルマ、愛する親族との別れ等様々です。
また、一口にうつ病と言っても全てが同じ症状という訳では無く、人によって症状は千差万別であり、100人患者がいれば100通りの症状があると言われている程です。
現在では個人の医薬品の代入代行業者であるベストケンコーを利用すれば、いとも簡単に抗鬱薬や抗不安薬等を格安で入手出来る様になりましたので、個人での治療も可能となりました。

日本国内のルールでは薬の有効成分の特許期間は、厚生労働省に特許として提出した期日から、およそ20年間とされています。
しかし、インド等の薬品メーカーはその有効期限が切れるのを待たずして、製造及び発売出来るので、ジェネリック医薬品をベストケンコーから入手する事が可能となりました。
しかしそれでも病状が改善しなかったりあるいは悪化したりする場合には、心療内科の専門医に診て貰うのが賢明といえます。
その場合に、いきなり何種類もの抗鬱剤を出す所であったり、治療を長期に渡って受診しても症状が良くならないし、薬剤を変えてもくれない等の場合は、ベテランの医師がいるクリニックに変えるというのも一つの方法です。
さて、一口にメンタルヘルス系統の病気といっても色々な種類がある事は一般的に、良く知られていないかも知れませんので、今回はそのなかから幾つかを解説していきます。
一つ目としては、単にうつ病と言われている病気です。
この病気は几帳面で生真面目であり、どの様な事でも完璧にしなくては気が済まない、あるいは人に頼まれるとNOとは言えない人等がなりやすいと言われています。
症状は不安感・イライラ感・前向きになれない、あるいは何も考える事が出来なくなる等の症状があります。
治療にはベストケンコーで扱っている、SSRIやSNRIという新し目の抗鬱薬がポピュラーです。

また病状が良くなったり気分が良い日であれば、太陽光線に当たりウオーキング等の有酸素運動をする事も薬を飲む事に匹敵する程の効果がある場合があると言われています。
二つ目に紹介するのは、パニック障害という病気です。
突然に激しい動悸・呼吸困難・不安感等の症状が突然前触れも無く、幾つか同時に症状が起こる病気で、傍目から見れば心臓発作を起こしたのかと思われる程の場合もあります。

ですから救急車で病院に搬送されたりして、あらゆる精密検査をしても何の異常も発見されないというのが典型的なパターンです。
この症状は個人差はありますが、数十分程度で収まる傾向がありますが、当人にとってはまた同じ様な症状が発生するかも知れないという不安感が、突如頭に沸き起こります。
ここでいう不安感は、一般的な将来が不安である等というレベルの物では無く、苛烈なものなので、一つ目に紹介したSSRIやSNRIの服用が欠かせません。
効果があると言われているのは、ベストケンコーで扱っているSSRIではパキシル・ゾロフト・レクサプロ等です。
また、SNRIではサインバルタも扱っています。

付け加えるなら、日本国内ではまだ発売されていないサインバルタのジェネリック版の用意もあります。
日本では一昔前よりも、うつ病やパニック障害等のメンタルヘルスに関しての理解が深まったかも知れませんが、未だに偏見の目を持つ企業や人がおりますので、闇雲に持病を表明するのは避けるのが賢明です。