自分の薬のジェネリック品を探してみよう

ジェネリック医薬品という言葉は、最近テレビコマーシャルでも放送されていますので、ご存知の方も多いでしょう。
ジェネリック医薬品は、後発医薬品とも呼ばれることからも分かる通り、先発医薬品と同じ成分、同じ作用を持っています。
また、先発薬のノウハウを生かして開発しますので、研究費がかからないため、非常に安価であるという特徴を持ちます。
継続して使用する必要がある医薬品の場合は、経済的な負担は馬鹿になりません。
そのような時にも、ジェネリック医薬品に切り替えることで、同じ作用の薬で治療を継続することができるでしょう。

しかし、全ての薬にジェネリック品が出ているわけではありません。
また、日本で認可が下りているのは先発医薬品のみという場合もあります。
もしこの先発医薬品で良い効果を感じてはいるが、薬代の負担が重いという場合は、もっと安い値段で同じ効果を出したいと考えるのは当然です。
そんな時には、個人輸入の代行サービスを行なっている業者のホームページで、その医薬品を検索してみて下さい。

もしかすると、今使っている医薬品より大幅に安い値段のジェネリック品があるかもしれません。
先述の通り、日本では先発医薬品のみでも、海外ではその薬と同様の成分と効果を持つ安いジェネリック品が発売されていることもよくあるのです。
例えば、AGAと呼ばれる男性型脱毛症に大変効果的だとして有名な薬もそうです。
日本では先発薬のみ、しかも医療用医薬品の指定なので、医療機関を受診して処方箋を書いてもらわねば、手に入れることはできません。
その上、保険が利きませんので、10割負担となり、大変高額となってしまいます。
しかし、ジェネリック品があれば、経済的な問題はクリアできます。
その上、個人輸入で購入すれば、処方箋も必要ありませんから、病院へ行く手間と時間と診察代の全てを節約することができるでしょう。
とても良い方法だと思いませんか。
ただし、個人輸入を行なう際には、代行業者選びには慎重になるべきです。
薬の安さだけに注目して選ぶのは危険です。
かと言って、高いから大丈夫かといえば、そうとも言えません。
100%正規品を扱っている業者を探す必要があります。

良い代行サービス業者を探しているなら、おすすめはベストケンコーです。
メーカーの正規品のみを取り扱っており、リピート客を多く持っています。
日本全国配送無料ですし、手数料も消費税もかかりません。

また、外箱には商品名などの記載は一切されないので、プライバシーも保つことができます。
医薬品の中には、例え家族であっても人に知られたくない種類の薬もありますから、これは嬉しい気配りであると言えるでしょう。
注文したことも秘密にしたい場合には、郵便局留めを利用することも可能です。
もちろん、ジェネリック医薬品のラインナップも充実しています。
レビューも多数寄せられているので、気になる医薬品があるなら、読んでみると参考になるのではないでしょうか。