安全、安価、迅速に海外医薬品を入手する

ベストケンコーという海外医薬品の輸入業者を知っていますか?
以前はベストくすりという名前で、個人の依頼で海外の医薬品会社から薬を買付け日本の依頼者のところまで届けてくれるということをしてくれる会社です。
いわゆる個人輸入代行の会社ということが出来るでしょう。
今日本には個人輸入の会社が沢山あります。
ネットで個人輸入代行業者ということで検索すれば数多くの会社にヒットしますが、その中でもベストケンコーは最大手の一つと言えるでしょう。
HPを持っているので、それを見れば大体どの程度の会社かということは推測が付きますし、評判とかクチコミ等で検索してもおおむねのことがわかります。
活動の形は、日本のドラッグストアの通信販売と似ていますが、している事の意味合いが全然違います。
ドッグストアは、厚生省薬事法指定の薬を扱い、注文があると販売を行います。

片や輸入代行業者の方は、厚生省薬事法で薬としての指定を取っていない薬も扱い、依頼があると注文主の代わりに海外の薬品メーカに注文をして日本に取り寄せてくれます。
注文主の代わりに個人輸入をしてくれるのです。
どうして、個人輸入代行業者を要する人が最近増えてきたかということには、きちんと訳が二つあります。
一つ目は、価格が安くなるということにあります。
日本で病院とか専門のクリニックで医師の診断を受けて処方箋を書いてもらい、調剤薬局で薬を受け取る場合と、ベストケンコーのような海外医薬品の輸入業者に依頼してほしい薬を入手する場合を比較すると、金額にかなり差が出ることが多いからです。
大体、70%程度で手に入るようになりますし、薬によっては半額程度になる場合があります。
養毛の為に服用する薬とか、アンチエイジングの薬とか、あるいは禁煙のためのチャンピックスとかは一度服用するだけではなくて、一定期間あるいは半永久的に利用しますのでこの金額の差は大きいです。
また、日本で薬を入手する場合、医師に必ず面対で診察を受ける必要があり、そのために病院あるいはクリニックに必ず体を運ばなければなりません。
そういうことが不要になるということを、個人輸入輸入の最大のメリットであるという人もいるほどです。
そして二つ目は、日本で手に入れることが出来ない医薬品が手に入れられることが挙げられます。

とくに海外から輸入する医薬品は、概して安価ではなくて、そのコピーというべき各種ジェネリック薬品が重宝されています。
作り方が特許が切れて公開になった医薬品は、他社がその製法を使って同じ医薬品を作り出すことが出来ます。
効き目は同じでも価格は大きく抑えることが出来るので、市場では大変歓迎されて使われています。

ただ日本の薬事法では多く薬としての指定を受けていないことが多いのですが、ベストケンコーのような海外医薬品の輸入業者に依頼すれば簡単に手に入れることが出来ます。
ジェネリック薬品は、先発の薬品価格の1/5程度であることが多いので、あまりお金のない若い人でも、何回も利用することが出来るようになります。
これらの費用的なこと、そして手間暇が圧縮されることの理由で個人輸入代行業者の利用者が着実に増えてきています。
そうなると、その会社の信用程度いうのが大切なことになってきます。

大金をつぎ込んで取り寄せた海外医薬品が、少しの役に立たないというとがあることは避けたいものです。
買付けの場に一緒に出掛けて吟味することが出来ないからです。
そういう意味で、業界の中で最大手であるベストケンコーのような会社を選ぶことが、非常に大切になってきます。